読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギリ島、お酒やめないってよ(仮)

40過ぎたおっさんギリが、酒を飲んだりジョギングしたり、ラーメン食ったりまた飲んだり。

おっさん、いよいよ柏崎潮風マラソン(ハーフ)に出る!3

さて、真央ちゃん流だとハーフハーフ(ハーフマラソンの半分)を折り返し、平らな道を意気揚々と走ります。


まだまだ足に余裕はある。


ペースはキロ5分20秒

あれっ?このままのペースだと2時間切っちゃう?ねえ?初ハーフ2時間切りとかヤバくね?モテちゃうはーw


そんな思いが脳裏に浮かびましたが、世の中そんなに甘くはない。


河内の悪魔。
デビルコウチ。


「激坂再来!!」


というわけで1キロの間に100メートル上るという、鬼坂の洗礼を容赦なく受けることに…


つーか、勾配にしたら10%ですよ?
角度にしたら9°ですよ?
あれ?ですか?ですよね?

とにかく平均斜度9°の坂をひたすら上る戦いです。

あれ?でも平均9°って言っちゃうと何か大したことないみたいに聞こえるな…

多分最大斜度だと25°くらいあるから、こっちを使おう。


最大斜度25°の激上り坂「デビル河内!」これだ!


そんなこんなでデビル坂と戦い始めたおっさん。


とにかく息が上がるわ、足は鉛付けたみたいに重くなるわで、ペースは一気に7分台に…


まあよくわからんのですが、なんかこれ走って上る意味あるか?ってなって、すぐ歩きましたけどね。

ええ、200メートルともたなかったですね。

マジ無理。


走っては苦しくなって歩き、いやいやこれじゃダメだ走らんきゃ、いやいややっぱ苦しい…

このせめぎ合い。



そうこうしてると、
「プチデバガメもどき、純」
の待ち構えるポイントが近づいてきました。


いかん、純に歩いてるとこなんて見られたらそれこそ恥辱。

「おぇー、歩いてたねっけーw」

って言われるのがオチなんで、力を振り絞って足を動かしました。

程なく、何かよくわからんバスケットシャツを着た純が、やっぱりカメラを構えて薄ら笑いながらこっちを向いています。

お巡りさん、この人です!(略




苦しい…、でも純が…見てる

純、苦しいよ、俺苦しいんだよ…



「ごめんなさい。こういう時、どんな顔したらいいのか分からないの…」





「笑えばいいと思うよ…」





そんな訳で写真のおっさんは笑顔でした。

サンキューシンジ


さて、純を振り切っても、まだまだデビル坂は続きます。


もう辛抱タマランチってなって、純の姿が見えなくなったのを確認して歩いてやりました。

ふぅ…マジパネーわ…



その刹那、

「おえ、ギリ!!歩いてんなよ!!走れよ走れっ!!」


ふぁっ?!誰っ?!





oh…松井きゅんパッパ…


つーか、往路は坂の頂上にいましたやんー!

なに復路はちょっと下ってきて応援してんすかwww


おっさん完全に気を抜いて歩いてました。


パッパに駒大の大八木監督ばりの檄を受けますが、時すでにお寿司。

もうおっさんのライフはゼロよ…。

ソーリーパッパ。


はてはて、さらに死ぬ思いで上りに上り、頂上が視界に入る。

あの喜びったらないですね。
やったぜおっさん。


ゼーハー言いながら頂上で給水を受けます。

係のおばちゃんに、

「よく頑張ったね、あとは下りだよ」

って言われたとき、なんかおばちゃんを好きになりかけました。

これが被害者が犯人のことを好きになるという、ストックホルム症候群か?などと…(略





よう~し、水も飲んだし、下ってやりますよ~(大泉洋


給水のカップをちゃんとゴミ箱に捨て、おっさんはまた走り出しました。


まだ見ぬゴールに向かって…。




ラスト8キロ、おっさんの最後の戦いに、こうご期待!




つづく…予定…


ちなみにデビルはこんな感じです…
ツノ生やしちゃって、まさにデビル
f:id:girigiri_315:20170223192101j:plain