読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギリ島、お酒やめないってよ(仮)

40過ぎたおっさんギリが、酒を飲んだりジョギングしたり、ラーメン食ったりまた飲んだり。

おっさん、いよいよ柏崎潮風マラソン(ハーフ)に出る!完結編

さてさて、デビル大河内の激坂を制し、ストックホルム症候群になりかけながらもおばちゃんの力水を受け取り、あとはこの坂を下ってゴールを目指すのみ。


そしてゴールしたらあの娘にプロポーズするんだ…





残りは約8キロ。


坂のてっぺんのここからの5キロは、ダラダラとひたすら下ります。


でびちゃんのせいでキロ7分半まで落ちたペースも、下り坂のおかげでサクッと取り戻します。


5分45秒、5分30秒、5分20秒、5分05秒と、1キロごとのラップタイムも跳ね上がります。


あれっ?これやっぱ2時間切っちゃうんじゃね?
うっはw、初ハーフで2時間切りとかww、なんかサーセンっ、ごちになりやーす!








「嫌な加速だな…」






敵ブロッカーから逃れたい一心で、トス回しが加速度的に速くなっていく影山を見て、繋心が言った一言です。




繋心、スゲーよ…



当たーーりーー!




おっさん、坂を下りきって平地になった途端…


あぁーしがぁあぁぁぁーー!!

こかんせつがぁーーー!!

ぢぃくびから血ぃがぁぁーー!!


そして重いっ、体が重いんだはwww!!





「俺の人生、晴れ時々大荒れ…」





ここからのラスト3キロ、本当の地獄を見ることになります。



下り坂に慣れきった体、吹き出す全身の異常、さらに追い打ちを掛けるスタミナ切れ…





そこにクジラさん登場。


よろしく二キー!




この地下道、ホントマジ無理


一段一段降りる度に走る股関節の激痛。


一段一段上る度に奪われる体力。


地下道を初めて恨みました。



そこから先のゴールまで続く海岸線は、薄れゆく意識の中、歩いたり走ったりを繰り返すことしかできませんでした。



おっさんマジ無力



地下道出口のおばちゃん達の熱い応援も、マリーナのとこのバンドのおっさんも達も、港のとこの和太鼓だかよさこいだかも、ほとんど覚えてません。


逆に、うるせーな、黙れよ!くらいの勢いだったかもしれません。

せっかく応援してくれたのに、ごめんなさいごめんなさい、カナブーンみたいにごめんなさい。


よくよく考えたら風も向かい風


進まねー進まねー


あれ?そう言えばスタートしたときのワッキー臭事件の時も向かい風

風向き変わってますやーん



もう全てが敵に見えてきました。



おっさんがそんなダークサイドに片足突っ込みかけたその時、ゴール地点の幟が目に飛び込んできました。



足はもげ、乳首からは流血、体力も尽き果てたおっさん、最後に残った僅かな気力を振り絞り走ります。





東北大学だろ?ウインドノーツだろ?!」



「うごけぇーー!!」


ウインドノーツについて詳しく知りたい方は↓↓
https://www.google.co.jp/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://m.youtube.com/watch%3Fv%3DbdepB7Ti7Ns&ved=0ahUKEwj_gY-9w6jSAhVIyrwKHVx9AvsQo7QBCBowAA&usg=AFQjCNGeMWgP2_G5gzdD4uGt3GLlIgEJ3g&sig2=gFdlJtG9mfrqHTj_3WzUaQ






最後の曲がり角を曲がり、ゴールのアーチが目に入る。



「直進するっ!!」



レッドカーペットの上を一歩一歩踏みしめてゴールを目指す。



その周りで声援を送ってくれる観衆。



映画の主人公になったみたいだ。



先にファンランを終えたせがれが駆け寄ってきて併走してくれた。



f:id:girigiri_315:20170224192828p:plain




両手を高々と掲げ



そしてゴール。







記録は2時間4分だか5分。






これがおっさん2016柏崎潮風マラソン(ハーフの部)の全てです。



最後に、これだけは言えること

「潮風マラソンは、ラスト3キロがマジ地獄」

です。



運営スタッフの皆様、応援してくれた皆様、クジラさん、本当にありがとうございました。




おわり


f:id:girigiri_315:20170224194226j:plain